当サイトでは早漏の治療や治療薬、予防方法についてまとめてみました。今まで早漏で悩んでいた男性は、自分に合った早漏改善法を見つけてましょう。また、早漏にならないための予防法についてもご紹介していきます。

  • ホーム
  • 早漏の改善、防止薬のジェネリックは存在しません

早漏の改善、防止薬のジェネリックは存在しません

たくさんの薬

早漏の改善薬というのは医薬品というものでは存在していません。
従って、医療薬として早漏を治すジェネリック薬品も存在しない事になります。
いわゆる早漏の症状である早く射精してしまうのを防止するというのは薬でどうこうできるものではないので、ジェネリック薬品とうたって通販等で販売されているものは信用できるものではないと言えます。
なので、ジェネリック薬品だから安いとかそういうものではなく、そもそも正しく医学的な視点で治療薬として開発されたようなものではなく、身体にどのような影響を及ぼす恐れがあるかどうか解らないものであり、何かを服用したり、早漏を防止すると言って性器に直接何かを塗るというのも、リスクがある行為と認識しましょう。
では早漏を改善したい、または防止策を知りたい場合はどうすれば良いのか。
勃起不全や射精不全というものであれば、泌尿器科や専門医がいる病院に行くべきですが、早漏は先に上げた症例とは違い病気のような扱いではないので、医療的な対処はできないものとなります。
視覚的なもので性的興奮を得るように、メンタルの部分も非常に大きいものなので、パートナーと協力しあって改善していくというのがベストな対処法であり、それしかないと言っても過言ではありません。
ご自身が「早漏」と認識していても、パートナーが満足していれば何も問題ではないのです。
従って、まずはパートナーがどのように感じているのかを話せる関係である事が大切です。
もし相手も不満を感じているようであれば、どうすれば持続しそうかを向き合って考えてみましょう。
ピストン運動のスピードであったり、挿入至るまでの行為の時間を長くするなど、コントールができる部分が見つかるかもしれません。
愛情を持って接しているパートーナーとの行為であるはずなので、気持ちが満足すれば良いという心づもりで性行為と向き合うことで改善されることもあります。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索