当サイトでは早漏の治療や治療薬、予防方法についてまとめてみました。今まで早漏で悩んでいた男性は、自分に合った早漏改善法を見つけてましょう。また、早漏にならないための予防法についてもご紹介していきます。

早漏と勃起障害について

可愛い女性

男性の機能障害には、勃起障害以外にも性欲障害や性交障害、射精障害などのさまざまなタイプがあります。
勃起障害は文字通り勃起に対して問題がある状態で、性行為を行なうさいに陰茎の勃起の発現あるいは維持ができないために満足に性行為を行ないない状態のこと、または性行為のときに有効な勃起が得られないために満足な性行為を得られない状態ことなどをいいます。
治療するためには、陰茎もしくは内部分泌に問題がある場合にはそれに合わせて治療してく必要があり、心因性の問題があるときにはカウンセリングなどによって治していきます。
対して早漏は射精障害のひとつになります。
極めて早く短い時間で射精してしまう障害のことをいい、神経ではなく独立した経路で行なわれる射精がさまざまな要因によって経路が阻害されることによって射精障害が起こってしまうのです。
早漏の具体的な診断基準として膣内に入れて2分以内、射精のコントロールができない、本人またはパートナーの心理的な苦痛といった条件が満たされることによって早漏と定められます。
治療するためには、感覚を鈍らせる薬を塗ったりすることによる治療のほか、射精を訓練することによってコントロールするようにする方法などがあります。
自分でできる行動療法としては「ストップ&スタート法」と言い、本人かパートナーの手で陰茎に刺激を与えて射精をしそうになったら我慢をし、収まったら再度刺激をするということを3回繰り返していくことによってコントロールが身に付きます。
慣れてきたら膣内に近いお風呂場で行なうとより効果的です。
心因性の早漏の場合は、このような訓練でコントロールを身につけることができますが、器質性の問題も考えられるため症状に合わせて治療していくことが大切です。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索